USBメモリーのセキュリティ対策

紛失や盗難に対するUSBメモリーのセキュリティ対策には「暗号化」と「ロック」の2つの方法があります。どちらも第三者がUSBメモリーに保管されている情報にアクセスできなくする方法です。このセキュリティ対策を適切に利用することでUSBメモリーを紛失や盗難してもUSBメモリーの情報は保護されます。

『暗号化』とはUSBメモリー内のファイルに暗号を掛けることでUSBメモリーの中から情報を取り出されても内容を理解できなくする方法です
『ロック』とはUSBメモリーに鍵をかけてUSBメモリー内のファイルを見えなくする、つまり取り出すことができなくする方法です

またUSBメモリー全体を強制的に暗号化・ロックするものと、一部分だけを任意に暗号化・ロックするものがあります。つまりUSBメモリーのセキュリティ対策としては次の4つのパターンになります

①USBメモリーの全体を強制暗号化
②USBメモリーの一部分を任意暗号化
③USBメモリーの全体を強制ロック
④USBメモリーの一部分を任意ロック


①USBメモリーの全体を強制暗号化
USBメモリー内の全てのファイルが強制的に暗号化されている
USBメモリー強制暗号

②USBメモリーの一部分を任意暗号化
USBメモリーの一部のファイルが暗号化されている。暗号化するかどうかは利用者が任意に決めることができる
USBメモリー任意暗号

③USBメモリーの全体を強制ロック
USBメモリー全体がロックされており、ロックを解除しないかぎりUSBメモリー内のファイルを読み出せない。またUSBメモリーに新たにファイルを書き込むこともできない。
USBメモリー強制ロック

④USBメモリーの一部分を任意ロック
USBメモリー内の特定領域がロックされている。ロック領域へアクセスするにはロックを解除する必要がある。USBメモリー内の非ロック領域へのアクセスは通常のUSBメモリーと同じである
USBメモリー任意ロック


どの方法でもパスワードにより暗号・復号したり施錠・開錠しますので、パスワードの管理が重要です。自分には覚えやすくて他人には解りにくいパスワードを設定しましょう。簡単なパスワードを設定してしまっては意味がありません。

USBメモリーによってはパスワードの代わりに指紋を利用できる製品もありますので、パスワード管理が面倒と思われる方はそのようなUSBメモリーを利用しましょう。

 ↑ページトップ

 
プライバシーポリシー [PR] 志摩スペイン村 試写会大阪 桜花賞予想