USBメモリーのセキュリティ対策が必要な理由

実際に私のUSBメモリーから他人に知られては困る情報を書き出してみました。
これを見ればUSBメモリーのセキュリティ対策の必要性がはっきりとわかります。

IDとパスワードの覚書
ネット銀行・ネットオークション・ブログ書き込みなどインターネットを利用しているとどうしてもIDとパスワードが必要になってきます。全てを暗記することは不可能ですのでエクセルで一覧管理しているのですが、このエクセルファイルをUSBメモリーに保管しています。

重要書類番号
自動車免許書番号、VISAやJCBなどのカード番号、保険証番号などの重要な番号をエクセルで管理していますが、このエクセルファイルをUSBメモリーに保管しています。

住所録
友人、親戚などの年賀状作成ようの住所録をUSBメモリーに保管しています。

仕事の資料
会社の仕事を家で行うために資料をUSBメモリーに保管しています。資料を社外に持ち出すのは会社のルール違反なのですが仕事を円滑に推進するためにやむなく保管しています。


自分で保管しておきながら、とても重要な情報が小さなUSBメモリーの中に保管されていることに驚くとともにちょっと恐くなってきました。

どうでしょう?
みなさんのUSBメモリーにも、同じような情報が保管されていないでしょうか?
やっぱりUSBメモリーのセキュリティ対策は必要不可欠なものです。

個人情報イメージ写真

↑ページトップ

 
プライバシーポリシー [PR] 志摩スペイン村 試写会大阪 桜花賞予想