USBメモリーの部分任意暗号化の事例

部分任意暗号化方式によるUSBメモリーのセキュリティ対策を実際に行ってみましょう。
(それぞれの写真はクリックで拡大表示されます。)

製品名 ED  USBメモリーの部分任意暗号化の製品紹介-1
会社名 Type74 Software
種別 汎用ソフトウェア

【初期設定】
以下のサイトより暗号プログラムであるEDをダウンロードします。
http://type74.org/

ダウンロードしたファイルは圧縮されていますので解凍します。4つのファイルが入ったフォルダが作成されますのでUSBメモリーにコピーしておきます。これだけで事前作業は完了です
USBメモリーのセキュリティ対策実例1

【使い方(暗号化)】
EDを使ってUSBメモリー内のファイルを暗号化する手順です。ドラッグ&ドロップで簡単に暗号化できます

USBメモリーのセキュリティ対策実例3 USBメモリーのセキュリティ対策実例3 USBメモリーにコピーしたフォルダ内のE_D.exeをダブルクリックして実行します
USBメモリーのセキュリティ対策実例3 USBメモリー内の暗号化したいファイルやフォルダをEDのEにドラッグ&ドロップします
USBメモリーのセキュリティ対策実例3 暗号化する確認メッセージが表示されますのでOKをクリックします
USBメモリーのセキュリティ対策実例3 暗号化する際のパスワードを入力します。このパスワードを復号時に入力する必要がありますので忘れないようにしましょう。必要があればパスワードヒントも入力しておきます。
USBメモリーのセキュリティ対策実例3 暗号化が実行され完了メッセージが表示されます
USBメモリーのセキュリティ対策実例3 暗号化したファイルは拡張子がencに変えられています。暗号後のファイル名はオプションで選ぶこともできます。



【使い方(復号化)】
EDを使ってUSBメモリー内のファイルを復号化する手順です。こちらもドラッグ&ドロップで簡単に復号化できます

USBメモリーのセキュリティ対策実例3 USBメモリー内の復号化したいファイルやフォルダをEDのDにドラッグ&ドロップします
USBメモリーのセキュリティ対策実例3 復号化する確認メッセージが表示されますのでOKをクリックします
USBメモリーのセキュリティ対策実例3 暗号時に設定したパスワードを入力してOKをクリックします
USBメモリーのセキュリティ対策実例3 復号化が実行され完了メッセージが表示されます

↑ページトップ

 
プライバシーポリシー [PR] 志摩スペイン村 試写会大阪 桜花賞予想