USBメモリーの部分任意ロックの事例

部分任意ロック方式によるUSBメモリーのセキュリティ対策を実際に行ってみましょう。
(それぞれの写真はクリックで拡大表示されます。)

製品名 ClipDriveセキュリティ  USBメモリーの部分任意ロックの製品紹介-1
会社名 (株)バッファロー
種別 専用ソフトウェア

【初期設定】
以下のバッファロー公式サイトよりプログラムをダウンロードしてパソコンにインストールします。複数のパソコンでUSBメモリーを利用する時でも1台のパソコンだけにインストールするだけで構いません。
http://buffalo.jp/download/driver/hd/clipdrive_sec.html

また初期設定によりUSBメモリーのデータは全て消えてしまいますので、作業前にパソコンにデータを保管しておく必要があります。

USBメモリーのセキュリティ対策実例1 ClipDriveセキュリティが利用できるバッファロー製のUSBメモリーをパソコンのUSBポートに差し込みます。
USBメモリーのセキュリティ対策実例1 スタートメニューよりClipDriveセキュリティを起動します。
USBメモリーのセキュリティ対策実例1 左の画面が表示されます。スライドバーを左右に動かしてロック領域の大きさを決めます。赤い部分がロック領域です。
『プログラムをコピー』にチェックすればClipDriveセキュリティがインストールされていないパソコンでもロック領域の読み書きが可能になります。
ロック領域を決定したら「セキュリティ領域を設定」をクリックします。
USBメモリーのセキュリティ対策実例1 ロック領域に読み書きする時に利用するパスワードを入力します。パスワードヒントも設定する事が可能です。入力したら「OK」をクリックします。
USBメモリーのセキュリティ対策実例1 ロック領域設定時にはUSBメモリー内の全データが消去されますので警告メッセージが表示されます。よければ「はい」をクリックします。
USBメモリーのセキュリティ対策実例1 ロック領域の設定が完了すると、プログラムを終了するメッセージが表示されます。
USBメモリーのセキュリティ対策実例1 ちなみにバッファロー製以外のUSBメモリーでClipDriveセキュリティを起動すると以下のメッセージが表示されます。



【使い方】
ロック領域と非ロック領域を切り替えて使います。同時にロック領域と非ロック領域を使うことはできません。
読み書きは特別な操作は不要です。ドラッグアンドドロップなどの通常のファイル操作で行います。

USBメモリーのセキュリティ対策実例1 ロック領域はタイトルバーに「SECURE_ZONE」と表示されています
USBメモリーのセキュリティ対策実例1 非ロック領域はタイトルバーに「FREE_ZONE」と表示されています
USBメモリーのセキュリティ対策実例1 ロック領域と非ロック領域の切替はUSBメモリー内のSecure.exeで行います。
USBメモリーのセキュリティ対策実例1 USBメモリーのセキュリティ対策実例1 USBメモリー内のSecure.exeを起動し「ロックを解除」をクリックするとロック領域への読み書きが可能になります。(そのかわり非ロック領域への読み書きが不可になります)
またこの場合にはパスワードを入力する必要があります。
USBメモリーのセキュリティ対策実例1 USBメモリー内のSecure.exeを起動し「ロックする」をクリックするとロック領域への読み書きが不可になります。(そのかわり非ロック領域への読み書きが可能になります)
ロック領域への読み書きが完了した後はかならずSecure.exeを起動し「ロックする」をクリックしてロックしておきましょう。そうしないとロック領域の保護がされません。

↑ページトップ

 
プライバシーポリシー [PR] 志摩スペイン村 試写会大阪 桜花賞予想