USBメモリーの部分任意ロックとは

USBメモリーの部分任意ロックについて
USBメモリー内の一部分をパスワードでロックします。重要なファイルをロック領域に書き込むことで紛失・盗難にあった場合でも情報漏えいを防ぐことができます。
USBメモリー任意ロック

USBメモリーメーカーが提供する専用ソフトウェアを使用します。異なるメーカーのUSBメモリーには使用できません。

USBメモリーの部分任意ロックのメリット
USBメモリーメーカーが無償提供する専用ソフトウェアを使用するので安価にセキュリティ対策を実現できる。

USBメモリーの部分任意ロックのデメリット
重要なファイルを忘れずにロック領域に書き込むように利用者が意識しておく必要がある。忘れるとまったくセキュリティ対策にならない。

 ↑ページトップ

USBメモリーの部分任意ロックの製品紹介-1

USBメモリーの部分任意ロックを実現している製品です

製品名 ClipDriveセキュリティ
会社名 (株)バッファロー
種別 専用ソフトウェア
URL http://buffalo.jp/download/driver/hd/clipdrive_sec.html
特徴 バッファロー製のUSBメモリーにロック領域を作成する事ができるソフトウェアです。

無償でバッファローの公式サイトよりダウンロードできます。

ロック領域にアクセスするにはパスワード入力が必要です。

USBメモリーとパソコンとのファイル移動はエキスプローラーを利用する通常のWindowsの操作で行います。

Windowsの管理者権限でログオンしておく必要があります。

USBメモリー任意ロック

導入事例はこちら → USBメモリーの部分任意ロックの事例

 ↑ページトップ

USBメモリーの部分任意ロックの製品紹介-2

USBメモリーの部分任意ロックを実現している製品です

製品名 KeySafe Plus
会社名 (株)アイ・オー・データ機器
種別 専用ソフトウェア
URL http://www.iodata.jp/prod/usbmemory/easydisk/2006/epsl/index.htm
特徴 アイ・オー・データ製のUSBメモリーにロック領域を作成する事ができるソフトウェアです。

無償でアイ・オー・データの公式サイトよりダウンロードできます。

ロック領域にアクセスするにはパスワード入力が必要です。

USBメモリーとパソコンとのファイル移動はエキスプローラーを利用する通常のWindowsの操作で行います。

USBメモリー任意ロック

 ↑ページトップ

 
プライバシーポリシー [PR] 志摩スペイン村 試写会大阪 桜花賞予想