USBメモリーのセキュリティ対策の事例

USBメモリーのセキュリティ対策の4パターン別に実例を紹介します。

USBメモリーの全体を強制暗号化の事例ははこちら

USBメモリーの一部分を任意暗号化の事例ははこちら

USBメモリーの全体を強制ロックの事例ははこちら

USBメモリーの一部分を任意ロックの事例はこちら

 ↑ページトップ

USBメモリー全体強制暗号化の事例

全体強制暗号化方式によるUSBメモリーのセキュリティ対策を実際に行ってみましょう。
(それぞれの写真はクリックで拡大表示されます。)

製品名 Secure Lock Ware  USBメモリーの全体強制暗号化の製品紹介-2
会社名 (株)バッファロー
種別 専用ソフトウェア

【初期設定】
以下のバッファロー公式サイトよりプログラムをダウンロードしてパソコンにインストールします。複数のパソコンでUSBメモリーを利用する時は全てのパソコンにインストールする必要があります。
http://buffalo.jp/products/slw/index.html

また初期設定によりUSBメモリーのデータは全て消えてしまいますので、作業前にパソコンにデータを保管しておく必要があります。


→続きを読む ↑ページトップ

USBメモリーの部分任意暗号化の事例

部分任意暗号化方式によるUSBメモリーのセキュリティ対策を実際に行ってみましょう。
(それぞれの写真はクリックで拡大表示されます。)

製品名 ED  USBメモリーの部分任意暗号化の製品紹介-1
会社名 Type74 Software
種別 汎用ソフトウェア

【初期設定】
以下のサイトより暗号プログラムであるEDをダウンロードします。
http://type74.org/

ダウンロードしたファイルは圧縮されていますので解凍します。4つのファイルが入ったフォルダが作成されますのでUSBメモリーにコピーしておきます。これだけで事前作業は完了です
USBメモリーのセキュリティ対策実例1

→続きを読む ↑ページトップ

USBメモリーの全体強制ロックの事例

全体強制ロック方式によるUSBメモリーのセキュリティ対策を実際に行ってみましょう。
(それぞれの写真はクリックで拡大表示されます。)

製品名 Secure EasyDiskシリーズ  USBメモリーの全体強制ロックの製品紹介-1
会社名 (株)アイ・オー・データ機器
種別 専用USBメモリー

【初期設定】
ソフトウェアの導入などは必要ありませんがロック解除の為の初期パスワードを変更する必要があります。

→続きを読む ↑ページトップ

USBメモリーの部分任意ロックの事例

部分任意ロック方式によるUSBメモリーのセキュリティ対策を実際に行ってみましょう。
(それぞれの写真はクリックで拡大表示されます。)

製品名 ClipDriveセキュリティ  USBメモリーの部分任意ロックの製品紹介-1
会社名 (株)バッファロー
種別 専用ソフトウェア

【初期設定】
以下のバッファロー公式サイトよりプログラムをダウンロードしてパソコンにインストールします。複数のパソコンでUSBメモリーを利用する時でも1台のパソコンだけにインストールするだけで構いません。
http://buffalo.jp/download/driver/hd/clipdrive_sec.html

また初期設定によりUSBメモリーのデータは全て消えてしまいますので、作業前にパソコンにデータを保管しておく必要があります。

→続きを読む ↑ページトップ

 
プライバシーポリシー [PR] 志摩スペイン村 試写会大阪 桜花賞予想