USBメモリーのセキュリティ対策について

当サイト「USBメモリーのセキュリティ対策」はデータを持ち運ぶ際のメディアとして主流になっているUSBメモリーのセキュリティ対策に関してまとめたものです。
具体的にはUSBメモリーの紛失や盗難時にUSBメモリーに保管されている情報を第三者にアクセスさせないセキュリティ対策について記載しています。

あくまでも管理人個人の見解ではありますが皆様のUSBメモリーのセキュリティ向上に役立てば幸いに思います。
当サイトに関する質問やご意見は下記メールアドレスにお願い致します。
usb■bb1964.com  (■を@にして下さい)

 ↑ページトップ

管理人自己紹介

当サイト「USBメモリーのセキュリティ対策」の管理人shinです。

2006年のある日スーパーマーケットの折込チラシを見ていたときに、1GバイトのUSBメモリーが3000円弱で売られているのを見つけました。
外部保管媒体としてカセットテープを使用していた25年程前からパソコンで遊んでいる私にとって、この広告は驚き以外の何ものでもありませんでした。
パソコンショップならこの程度の価格で販売されている事は知っていましたが、この価格でスーパーマーケットで販売されているとは・・・・

それだけパソコンが一般的な物になりUSBメモリーに情報を保管して持ち歩く事も当たり前になったんだなと思いました。バックアップメディアとしてUSBメモリーを利用されている人もいるのでしょう。
その時に「スーパーマーケットでUSBメモリーを購入される人がUSBメモリーを落として他人に中を見られても大丈夫なんだろうか?」と考えました。
そして「大半の人が何も対策を施していないのでプライベート情報を盗み見られてしまうだろう」と思いました。

これが当サイト「USBメモリーのセキュリティ対策」を作ろうと思ったきっかけです。
このサイトによってUSBメモリーのセキュリティ対策の必要性を認識されて対策を施して頂ければ嬉しいです!

 ↑ページトップ

プライバシーポリシー

【クッキーおよびWebビーコンについて】
本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。

当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。
◆利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。
◆本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。
◆掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。

【クッキーの無効化と有効化】
ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。

 ↑ページトップ

 
プライバシーポリシー [PR] 志摩スペイン村 試写会大阪 桜花賞予想